BLOG

年末の準備

グラフィックデザイナーのシロマルでやんす

・・・申し訳ございません
前回のW邉のblogを見てつい影響されてしまいました。。。
最近W邉のとの会話でもやんすやんすが入ってすっかり困っているところでやんす

 

さて暖冬といわれてはおりますが
もう12月、師走です

師走とは、年の瀬でお坊さんがあちらこちら走りまわる様からという諸説通り
あっという間にすぎてしまう恐怖の月でもあります

 


・・・ああ、そして恐怖の大掃除



そして我がグラフィックチームで

「そろそろですね」

という会話が出てくる時期でもあります

そうです、年の瀬のご挨拶、年賀状でございます
今年一年お世話になった顧客様ならびに関係者様
来年もよろしくお願いしますとの気持ちを込めてお送りさせていただきます
 
 
まずはディレクターのお尻をペンペンたたき
顧客様情報を集めるように指示を出さないと行けません


ーーー


さて先日お得意様から年賀状作成のご依頼を受けました
担当となってからありがたい事に毎年年賀状を作らせていただいておりますが
毎回趣向をこらした企画をお持ちくださり
こちらもそれに答えなければと必死でデザインを詰め!!!
先日無事印刷に進める事ができました!!!



最近は年賀状は省略するという話も聞きますが
年賀状をもらってうれしくない方はいらっしゃらないかと思います


ちなみに年賀状も、スローガンどおりに
デザインから、印刷、各顧客様への発送手続きまでワンストップでさせていただきます

ちなみに平成31年度分から年賀状の金額が62円に変更となりました
ご留意くださいませ


「届けたい人に確実に届ける」 ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

SNS広告について語る。

へい、らっしゃい!
gaデザインでディレクターをやってる渡邉です。
今回はSNS広告について語尾にやんすを付けて、語って行こうと思います。

 

早速でやんすが、SNS広告の特徴と言えば、まーこれでやんす。

「ターゲティング制度の高さ」 でやんす。

SNSを利用しているユーザーの多くは自分のプロフィールを登録してるでやんす。
だからその情報をもとにターゲティングがし易いでやんすー。
楽でやんすねー!そんで怖いでやんすねー!

SNSと言ってもいろんなものがあるでやんすが、
今回はフェイスブックインスタグラムツイッターについてかたるでやんす。

 

まずはフェイスブック広告でやんす


 フェイスブック広告は他のSNS広告にくらべてターゲティングが詳細に出来る点でやんす。
フェイスブックは実名登録が必要でやんすから登録したプロフィールにあわせて、氏名、年齢、住所、職業から興味あることまで情報が登録されているでやんす。
それらを元にターゲットとなるユーザーに的確に広告を配信することが出来るでやんす!
ナイスでやんす!

 

続いてインスタグラム広告でやんす


インスタグラム広告はフェイスブック広告と同様に広告出稿出来るでやんす。同一のキャンペーン画面から出稿出来るでやんす~。
フェイスブックでもディスプレイ広告は効果的でやんすが、タイムラインに表示されるインスタグラムならではの強みと、ユーザーに対してあまりストレスのない配信方法も魅力の一つでやんす。
最近やってないでやんす!

 

〆はトゥイッター広告でやんす


トゥイッター広告は10代や20代の学生の利用が多いってもんで、若年層へのアピールに持ってこいでやんす。
特定のキーワードをツイートしたユーザーや特定のユーザーをフォローしているユーザーのタイムラインに広告を表示出来るでやんす。
ターゲットを絞り込むという点で言えばフェイスブック広告の方が優れてるでやんすが、拡散という大きな強みを持っているでやんす。
バズでやんす!

 

最後に

若者のSNS疲れとか巷では言われてますが、まだまだSNSには注目です。
時代に合わせてマーケティング手法をかえ、PRしたい広告を適切なタイミングで運用していく事が大事ですね!
今後も効果的な広告を配信するためにも語尾にやんすを付け、何かの子分になった気持ちで頑張って行きたいと思います!

 
「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社gaデザイン

「IT×子供」プログラミング教育とは??

こんにちは!
gaデザイン・やまだと申します。

若いメンバーの多いgaデザインの中では少数派の、子育て世代のやまだです。
なので、今回は「IT×子供」という側面でトピックを設けてみたいと思います。

「IT×子供」と聞き、最も身近なのがニュースでもよく報道されるようになった
「2020年のプログラミング教育必修化」ではないでしょうか。
弊社はいわゆるIT企業ではございませんが、
ネット関連の広告割合があがる弊社にとっても非常に関連深い話題でもあります。

 

このプログラミング教育が言われだした背景には様々あるようですが、
そのひとつに経済産業省による「IT人材激不足予測」があるようで、、、

現在でもIT人材は91.9万人で17.1万人が不足していると推計。
30年にはIT人材数が85.7万人なのに対し、不足数は78.9万人に上ると予測している‼とのこと。

その上で、プログラミング教育と聞くと

コーディング画面
こんな画面を子供にみせて、ガリガリ読み書きできるようにさせるのか。それはすごい。と思いましたが、そうではないようで、、、

文部科学省の発表した「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について」によると、
プログラミング教育はコーディングを学ぶことではなく、「プログラミング的思考」を身につけることが目的だとしてます。

「プログラミング的思考」とは、
自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力。だそうです。

 

え?それじゃあ、これまでの数学や物理とかで習ったやつとあんまり変わらなくない?
その上に、
PCであったりコーディングであったり具体的なものをイメージさせながら学ばせるということなのか。。。

 

 

ま、プログラミング的思考についての是非はさておき、
これまで、昭和~平成初期世代の私たちが訳もわからず使用していたアプリであったり、
プログラムであったりを、誰かが考えて作ってくれたものなんだ、
私だったらこんな風な工夫をいれてみたいなど、
子供たちが少しでも身近なものと思ってくれたら、子供たちの夢の幅は広がるのかな。

 

私が子供たちに願うことは、自分を受け入れ、後悔しない生き方をしてほしいということです。
その為にプログラミング教育で言われる、論理的な考え方をしそれをアウトプットすることは
基礎となることだなと感じます。

 

2020年まであと2年。
そして、今の子供たちが日本、世界を担うまであと10年少し。
gaデザインでもなにか未来を担う子供たちに残せるものがあれば、
非力ながら参画させていただければと感じております。

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社、gaデザイン。

人間の癖をデザインに活かしてみよう

はじめまして。
Webデザイナーの大崎です。
未経験でgaに入社してから早5ヶ月…
毎日自分の実力のなさと先輩のすてきなデザインに打ちのめされつつ、5ヶ月前よりは少しは成長したのかなーと感じているこの頃です。

そんな5ヶ月の間、デザインってむずかしいなあと思うことは、日々多々ありますが、
中でもよく壁にぶち当たるのは、
どうやったらユーザーに伝えたい情報を見てもらえるんだ!?ということです。

もちろん手段は様々あることは知っています。
フォントを大きくする、ボタンを大きく配置する、絶対に見てもらいたいがために要素を必要以上に大きくしてみたり・・・。
でも不自然に要素を大きくすると、せっかくのデザインが崩れてしまう可能性もあり、頭を悩ませていました。

どうするのが最善なのかー・・・そんなことを考えていた際、SNSで見つけた記事に衝撃を受けました!

まずは、みなさん下の写真をご覧ください。

このような人間が写っている写真を見たとき、まずいちばん最初に「顔」に視線が勝手にいくそうです。
これは人間の摂理、癖のようなものだそうです。
確かに、初対面の人、親しい人と話す時、まずいちばんに顔を見ますよね。これには納得です。

そんなの知ってるよ、そんなことが何でWebデザインに応用できるの?っていう感じですよね。
違うんです。ここからです。

なんと!
人間は物を見る時、人の「顔」にだけ視点がいくのではなく…
「その人の目線の先にも視点がいく」そうなんです!

文字だけではわかりづらいので例をあげます。

上の写真の視線は右上を見ています。
つまり、この写真をWeb上に配置するときは、
伝えたい、大切な要素を「右上」に配置すると、ユーザーは自然と見てくれる、というのです!

こんな具合に!

過度に強調しなくても、派手な装飾をしなくても、
人間のどうしてもしてしまう癖、摂理を知っていれば、ユーザーの視点を誘導することができるのだなあと気付かされました。

難しいテクニックはいらないので、皆さんもぜひ、活用してみてください。

ちなみにソースは下記になります。(海外のサイトです)
https://neilpatel.com/blog/eye-tracking-studies/amp/?__twitter_impression=true

以上、大崎でした。



「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

未経験者が業界に入った軌跡。

こんにちは。webデザイナーの三杉です。

最近、化物語というアニメを見ているのですが、
このアニメが言葉遊びがとても上手で私自身もこんな言葉遊びがしたいなぁと思いますが、
そのためには国語の勉強をし直さなくてはという感じです…。


現在、私が働いているweb業界も日々進化し続けて
常に勉強を必要とする世界。

今回はそんな業界に私が入った経緯をお話しをしたいと思います。

私は業界未経験でgaデザインに入社したのですが、
元々web業界未経験どころかpcを触ったことがないpc未経験状態でした。

そんな右も左も分からない状態の私がweb業界に入るには
どうすればいいかを調べていたら職業訓練というものに出会いました。

職業訓練とは求職中の人が、就職に必要なスキルや知識などを身につけるために国が実施している学校のことです。
様々な業種のコースがあり、私は「webデザイナー養成科」というコースに約半年間通いました。
ここではwebの専門的な知識だけでなく、基本的な社会マナーや履歴書、職務経歴書等の書類の書き方も教えてくれ
そういった知識の無い私にはとても助かるカリキュラムが組み込まれていました。
そして職業訓練の一番の魅力はなんといっても、基本的に受講料が無料という点です。
この点は求職中の人にとってはとても助かると思います。また、受講者の状況によっては援助金までもらえます。

私はこの制度を利用してwebの基礎を学び、現在に至ります。

とは言え、職業訓練で得た知識は基礎中の基礎で、実際に業務をこなしていく上では足りない部分が山ほどあります。
なので私自身、周りのプロの方に質問したり、web上で調べたりと日々勉強の毎日です。
ですがこんなにやりがいを感じれる仕事もなかなか無いので勉強も苦にはならないと思います!

もし「web業界に入りたいけど、どうすればいいか分からない!」という方へ、
少しでも参考になればという気持ちでこの記事を書かせていただきました。



「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

色の持つ意味

はじめまして。webデザイナーの田中と申します。

はじめてのブログ担当ということもあり、
なにかブログのネタにできることをおもしろいことを探そうと意気込んでいた週末に、
風邪をひいてしまいました…!いつもタイミングが悪い私です…!

せっかくいただいた3連休。
もったいないと思いましたが、これこそが贅沢な休日の使い方だと言い聞かせ寝ておりました!



そんな中、そういえば風邪薬って白色が多くない?と、
普段なら気に留めないことを考えて、理由を想像してみました。

  • ・素材が白いから(素材が何かは知りませんが)
  • ・白のもつまっさらで清潔感や信頼感のあるイメージから
  • ・「薬=白」という既成概念から

そして理由を調べてみたところ、
医薬品には理由なく色を付けるのは禁止されているようです!

なので、色がついているものの多くは

  • ・もともとの薬品の色
  • ・処方間違い、飲み間違いの注意喚起のため

で色がついているとか…
そんなルールがあるのは知りませんでしたが、確かに!と納得でした!

例えば、
体調が悪いときに買った風邪薬が開けてみると黒かったとき。
これは本当に飲んで大丈夫なのかな?と思う方もいるのではないでしょうか。

黒には高級感や強いイメージがあると言われる一方で、
体調が悪い時や体に入れるものと考えると、
黒の持つ重さや暗さが不安にさせてしまうこともあると思います。

しかし、それが病院で処方された薬だった時、
私なら一瞬ためらっても、これはよく効く強い薬なんだろうと思うかもしれません。



こんなふうに意識せずとも日常生活の中で、誰もが感じる色のイメージは、
「時と場合と場所(TPO)」によって変わったりしますよね。




ホームページの制作についても同様に、
色というのは常に意味を持っているものだと思います。

そして、それを意識させない、TPOに合った
意味のある色使いができるよう目指していきたいです。

たまには身の回りの色について考えてみると
新しい発見があるかもしれません!


季節の変わり目ですので、皆様も体調を崩さないようにお気をつけください!


「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

情報を正確に伝える方法

webデザイナーのヤクシジです。

広告もwebサイト(ホームページ)も本質的には「情報を伝える」ためものである、ということだと思うのですが、今回は「情報を伝える」という事について少し掘り下げてみたいと思います。


普段誰かと会話をするというのも、お互いに情報を伝えあって成り立っています。そんな中で大事なのが「すれ違い」や「誤解」を防いで「情報を正しく伝える」ということだと思います。

そこで、より良い情報伝達のワイヤーフレームとして、ご存知の方も多いかと思いますが「5W1H」があります。

ビジネスシーンでもよく使われ、私自身も普段できるだけ意識するようにしています。(※できるとは言ってない)

5W1Hとは

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

として情報の伝達ポイントをまとめられたものです。


例えば「部下の山本さん(仮称)へ資料作成の仕事を指示する」という場合に

パターン1:山本さん、〇〇の企画資料を作成してください

と伝えるだけではあまりに内容が不明瞭ですね。
「誰が、何をする」という情報しかありません。

これでは、山本さんは「なんのために」「どのように」「いつ(いつまでに)」というのが不明瞭なため、よくわからないまま仕事を進めなくてはいけません。

パターン2:山本さん、明後日までに、交渉中のクライアントのA社に提出するための、〇〇の企画資料を、画像やグラフを用いたカラー10P程度で、作成してください。

パターン2では、
いつ:明後日までに(when要素)、
なんのために:交渉中のクライアントのA社に提出するための(why要素)
どのように:画像やグラフを用いたカラー10P程度で(how要素)

という情報が加わることでより詳細に伝わるかと思います。
(今回のケースは「どこで」というのは「会社で」となりますので除外しています。)

この5w1hは情報の伝達だけでなく、マーケティングや立案時などにも用いられます。

さらに発展した5W2Hというものもあります。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
  • いくらで/いくつで(How much/How many)

「いくらで」または「いくつで」という”金額や個数の情報”が加わることでよりビジネスに則したものになります。

例えば「化粧品メーカーが自社の新商品の発売について説明する」という場合に

パターン1:当社ブランドXXの新商品「〇〇」が発売します。定価は2,980円です。

このように商品の説明をした場合、発売するという事実と値段はわかりますが、一体どんな商品で、どこで買えるのかもわかりません。

もう少し詳しく説明する場合は

パターン2:10月15日に全国の百貨店・直営店で当社ブランドXXの新商品「〇〇」が発売します。
乾燥肌に悩む20代の女性がターゲットの、スキンケア用美容液です。
1本75ml入りで定価は2980円です。

といった感じでしょうか。
もうお解りかと思いますが、

いつ:10月15日に
どこで:全国の百貨店・直営店で
だれが:(当社が)
なにを:当社ブランドXXの新商品「〇〇」
なぜ:乾燥肌に悩む20代の女性をターゲット
どのように:スキンケア用美容液(として)
いくらで/いくつで:1本75ml入りで定価は2980円

と分解できるかと思います。
パターン1と比べてどんな商品なのか、いつどこで手に入るのかがわかりますね。

普段の会話でも何も考えずに言葉にして説明するよりも、5W1H(5W2H)を意識してから言葉にすることで、より具体的に相手に意図が伝わり、コミュニケーションがより円滑になります。

「どこで?」とか「それは誰がやるの?」などの不要な聞き返しも減りますね。

ともかく、より相手に分かりやすい、理解しやすい言葉で伝えようとするという事がコミュニケーションに大事なのだと思います。

良ければぜひ取り入れて見てくださいね。


「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

明日9月4日(火)の電話サポートにつきまして

台風21号の影響により電話が繋がりにくい場合がございます。
お急ぎのご連絡は各ディレクターのメールまたは携帯電話にお問い合わせください。
お問い合わせフォームにいただきましたお問い合わせに関しましては、
5日(水)より順次対応させていただきます。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

すこしだけWebデザインのお話。


ご無沙汰しております。webデザイナーのおがわです。
みなさまお元気でしょうか?

gaデザインに入社してから4年目の、平成最後の秋を迎えましたが、たくさんの人や出来事に触れ、日々充実した生活を送ってます。

さて、そんな私ですが、
今から4年前、webデザイナーになる為に専門学校に通い勉強し、僭越ながら新卒でgaデザインに入社させていただきました。

新卒の頃、時間をかけて出来上がったトップページやバナーを上司に見てもらい、なんどもリテイクをもらってました。
リテイクがあるのには、自分が力不足だからだとしか感じておらず何故ダメだったのかがあまり分からなかったのですが
それは今思うと、クライアントの求めている「デザイン・情報整理」ができていなかったのが一因だったなと思います。

私たち側(デザイナーやディレクター)が「なんだか分かりづらいな」と思うものは、
ホームページを見にきた人にとっても思うことは一緒です。
Webページは紙媒体よりも視認性や一覧性が低いため、見にきた人にとって見やすい情報をどう提供するかを考えるのも私たちのお仕事のです。

それではどう情報整理をして、Webをデザインしていくのか少しだけ具体例をあげてみたいと思います。

①情報整理「段落分け」

BEFORE

入院費用のお支払いについて
毎月月末で締めて計算させていただき、10日過ぎに請求書を病室までお届けします。(定期請求)退院日には、請求書を発行しますので1階⑤番会計・自動精算機でお支払いください。定期請求並びに退院時のお支払いについては、平日午前9時から午後5時までの間に1階⑤番会計・自動精算機までお願いいたします。なお、退院時の時間外及び休日のお支払いについては、救急センター窓口で取り扱いいたします。キャッシュカード(デビットカード)・クレジットカードでのお支払いもできますので、会計窓口へご相談ください。
お取り扱い時間は以下のとおりです。
平日 午前9時〜午後5時まで
土・日・祝・年末年始 お取り扱いできません。
全ての患者さんに退院時精算をお願いしています。公費等の申請中の方は入院係にご相談ください。限度額適用認定証等は、遅滞なく提出をお願いいます。場合によっては使用をお断りする場合があります。退院の手続きについて
退院は主治医の許可が必要です。退院日については、病棟師長へご相談ください。退院前日に入院費用概算金額連絡票をお届けします。
お支払いは、午後5時までに1階⑤番会計窓口でお願いします。お支払い後、領収書をナースステーションにご提示ください。
※伝票の整理などの都合で、退院後に追加の請求をさせていただくことがありますのでご了承ください。退院される時は、次回の外来診療日の予約をご確認のうえ、できるだけ午前中に退院されるようご協力お願いします。
例えば上記みたいな病院のホームページで、患者さんや、そのご家族の方々に読んでほしいコンテンツだとすると、
よーーく読めば分かりますが、文章を最初から最後まで見なければ、なんの情報が書かれているかが分かりづらい状況です。

▼▼▼▼ それをこう! ▼▼▼▼

AFTER


引用元:http://saiseikai.info/reception/hospitalization/

コンテンツごとに、見出しなどをおき、項目をリストや表にすることで分かりやすくなりましたね。

POINT

  • コンテンツや見出しなどに余白を設け、視覚を操作し分別する。
  • まとめられる所はリストや表組をし、要点を視覚的に得ることができる。
  • 写真(図)を使用するとそちらへ目がいくので、近くにあると文章を読むきっかけになる。

②情報整理「図説」

BEFORE

年間手術件数11,675件(平成29年度)
予定と緊急を合わせて、年間1万件を超える手術を行なっています。全身麻酔件数6,041件(平成28年度)
新生児から妊婦(無痛分娩)、高齢者まで、専門の麻酔医が、予定や緊急の手術や検査に幅広く対応しています。
麻酔科はこちら治験・臨床研究数93件(平成29年度)
企業治験 77件  医師指導治験 11件  製造販売後臨床治験 5件
病院の特性・機能を活かし、治療の効果や安全性を高めるため、積極的に治験に取り組み新薬の開発に貢献しています。
治験管理室はこちら
臨床研究センターはこちら
▼▼▼▼ それをこう! ▼▼▼▼

AFTER


引用元:http://www.osakacity-hp.or.jp/ocgh/inv/suuji.html

POINT

  • アイコンを使用することで視覚的にコンテンツの補足ができる。
  • ポイントカラーを使用し文字サイズや文字の太さなどのメリハリをつけることで、目立たせられる。
  • 緑のボックスと右向きの矢印アイコンでリンク先として次のページへ移動できることがわかる。
Webデザイナーは見た目をデザインするだけではなく、
このようなユーザーにとって分かりやすいホームページを目指して制作しております!
ユーザビリティの高いWebサイトなど、そのほか様々な提案もできますのでぜひ一度弊社にご相談くださいませ!

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

夏のおわりに振り返る

グラフィックデザイナーのシロマルです

前回の住友のブログご覧頂けましたでしょうか

ワタクシ思わず ヒィィィィー( ;´Д`) とうなりました
※さらに動画とのダブルインパクトです。これまた釘付けになってしまいました。確かに元気がでました。ありがとう

 

そんな意欲満々の新人も入りましたので
グラフィックデザイナーから見た仕事内容をほんの一部紹介をしたいと思います


 

私gaデザインに入社して、9月で丸々3年になります

3年ってあっという間です

入学したての中学生が、気がつけば高校生になっているという激動の期間と同じです
そう考えればすごいですよね


 

担当はグラフィックデザイン
webと異なり聞き慣れない言葉かもしれませんが
紙媒体全般のデザインといえばイメージつきやすいかもしれません
代表されるのが、パンフレット、リーフレット、チラシ、ポスター・・・

 

しかし、gaはそこでは終わりません!!

まず、仕事の幅が広い


官公庁様、病院様のパンフレットをはじめ
会社様の大事な顔となる、ロゴマークのご提案に携わる事も多いです
ロゴマークに愛着が持てるかによって自社に対する愛着や仕事のモチベーションがかわるとも聞くほどの重要な案件
コンセプトやロゴに込めた企業様の想い等、しっかりヒアリングさせていただき形に仕上げていきます

納品後ロゴに愛着を持ち、気に入って頂けたとの話を聞くとホッとします
この仕事をしていて本当に良かったと思うひとときです

 

その他、
・個人イベントの缶バッジやステッカー類の作成
・化粧品のイベント出展用のSPツール全般
・電車広告(ここだけの話、ホームで見かけると1人で勝手に照れております)
・LPデザイン(スキル次第でWEBのデザインに携わる事も可能です)

 

顧客様のオリジナル缶バッジ制作から、大型の交通広告まで
本当に仕事の幅だけでなく、サイズ感も幅広いです

 

さらに web・メディアとの連動が可能


文末にも記している通り
ホームページ制作からメディアを絡めたイベントまでワンストップでの制作が可能です
時には、大型イベントのツール全般を制作する事や
イベント当日にサポートとして同行する事もあります
社員はがひとつになる貴重な体験です

 



振り返ると、こんなに幅広い仕事をこなせる会社って中々ないと
完成した制作物を前にしみじみ感傷にひたった夏の終わりでした

 
ーーーーーーーー


こんな事してみたいんだけど?ちょっとしたアイデアやあきらめていた事一度弊社にご相談ください

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン