BLOG

空から街を一望!!!

こんばんは。gaデザインの長谷川です。

先日の記事にあったように、兵庫県企業庁様の「三田カルチャータウンのPR業務」をコンペで獲得することができました!!

動画を使ったPRと言うことで、まずは三田国際マスターズマラソン、三田カルチャータウン内にあるワシントン村の各ご家庭や近隣の関西学院大学で毎年恒例となっているクリスマスイルミネーションなど、昨年ワシントン村のホームページ用に撮影した動画素材を活用することにしました。

こちらがその時の様子です!



そしてさらに、カルチャータウンを空から一望できる映像を撮影してまいりました。

それではここで、皆さんにカルチャータウンを空から一望した様子をご覧いただきましょう・・・どうぞ!!!!!



ドローンを使用した撮影には、近隣の三田祥雲館高等学校様にもご協力いただきました。

お陰様で、素敵な映像を納めることができました。本当に本当に、有難うございました!

どうですか? 皆さんもカルチャータウンに引っ越してみたくなったでしょう!?

お問い合わせは、ぜひ、兵庫県企業庁分譲推進課まで!!!

 

たくさんの方々のご協力のもと、今回の三田カルチャータウンPR業務に携わることができ、感謝の念でいっぱいです。。。

カルチャータウンの魅力を皆様のもとへ!

 

PR動画の制作も、gaデザインにお任せください!

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 「gaデザイン」

朝日放送さんのgaデザイン企画番組

 

gaデザインの佐藤です。

今日は、私が3年前に企画して始まった、朝日放送さんのラジオ番組のコーナーの紹介です。



あの妹尾和夫さんがMCを務めるラジオ番組

「とことん全力投球!!妹尾和夫です」の名物コーナー

 ~和夫の終活日記~

昨今、身近になった言葉「終活」私たちにいつかは起こる出来事「家族との別れ」、でも終活と言っても・・・。

「どうすればいいのかはわからない」

「誰に聞いたらいいのかもわからない」

そんな疑問に八城社長が、終活アドバイザーとして皆さんにお答えするコーナー。台本は、八城社長とgaデザインで考えております。こちらの番組は、3年も続いたおかげで、私も少しは詳しくなりました。

今日の台本



今日のテーマは、遺言状についてでした。八城社長が、分かりやすく丁寧に質問に答えて下さっていました。私の両親は健在ですが、どちらも77歳です。いつまでも健康いてほしいと思いますが、いざとなった時の為に大変勉強になる番組です。

今日は、スタジオにも同行



gaデザインは、ラジオ番組の企画も得意としております。今日は、朝日放送さんでしたが、毎日放送さん、ラジオ大阪さんでも番組を企画し制作に携わっております。

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページ制作からCM制作までワンストップで作れる会社は、「gaデザイン」

 

 

 

 

 

嬉しい悲鳴と喜びの歓声

 

gaデザインの佐藤です。業務拡張につきデザイナーとディレクターを募集しており、面接が連日続いてます。ありがたいことに意識の高い方が多く採用枠を増やす事になりました。現時点で6名の方の入社が決まりました。2週間で88名の方から応募がありました。面接では優秀な方が多くその中から6名を選ぶ事は、辛い反面、嬉しい悲鳴でもあります。後2名ほど採用する予定です。



 

そして嬉しいニュースが先週末に飛び込んできました。兵庫県庁様のPRのコンペがあり弊社が獲得する事ができました。プレゼンの準備で連日遅くまで頑張ってくれた社員の皆さんや関係者の方々に感謝いたします。何より弊社を選んでくださった兵庫県庁様の為にも、社員一丸となって今回の業務をやり遂げます。

恒例のコンペで勝った時は、会社で寿司の出前をとります。ささやかな寿司パーティです。



 

 

コンペの内容ですが、何のPRと言いますと

兵庫県の三田カルチャータウンをPRする内容です。コンペに参加するにあたって何度も足を運びましたが、空が一面に広がる電柱がない素晴らしい景観、生き方さえ変えてくれるんじゃないかと思える素晴らし町です。私もこんな街に住めたら幸せだなと思いました。三田カルチャータウンのPR業務に携われる事に感謝です。



 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 「gaデザイン」

 

 

インフルエンサー

こんばんは。

営業企画部の森西です。

 

 

最近、こんな会話がありました。

 

 

お客様「インスタグラムを自社で始めたんだけど、全然フォロワーが増えないんだよねー」

 

森西 「あー、ありがちですねー。なかなか認知されるまで時間がかかりますもんね。」

 

お客様「なんかいい方法ない?」

 

森西 「一発狙うならジャスティンビーバー様にイイねをもらうしかないですね!笑」

 

 

 

 

お客様

「え、誰それ?」

 

 



(知らない人もいるんですね・・・)

 

 

森西 「まあとにかく有名人です!インスタグラムのフォロワーも世界で5本の指に入るくらいの超有名人です」

ペンパイナッポーもそのおかげで一気に知名度を広げたんですよ!」

 

 

お客様

「なるほどねー。じゃあウチにもビーバーにイイねしてもらってよ!!!」

「ビーバー フリー素材」の画像検索結果
 

 

森西 「多分一億円ぐらい積めば、考えてくれるんじゃあないでしょうか・・・。

実はビーバー様は無理でも、そういったインフルエンサーに御社を取り上げてもらえるサービスがあるんですよ。」

弊社からもご提案させていただきますよ!」

 

お客様「世の中何でもあるんだね。怖っ。」

 

 

その後、どうしてもビーバーにお願いしたいという謎のこだわりを強くご依頼され、

ジャスティンビーバー様の事務所に交渉を試みようとしましたが、ビビって断念しました。

 

 

さてインフルエンサーとは何なの?と申し上げますと、

 

 

画像検索結果

影響、感化、効果を意味する「Influence」を語源とし、世間に大きな影響力をもつ人や事物を表す。 特に、インターネットの消費者発信型メディアにおいて、他の消費者の購買意思決定に影響を与えるキーパーソンを指す。具体的には、好感度の高いタレントやファッションモデル、スポーツ選手や、特定分野に詳しい専門家や知識人、インターネット上で強い影響力を持つ個人ブロガーなどが挙げられるが、 マーケティング会社のブルーカレント・ジャパンでは、「コミュニケーション力」「信頼獲得力」「情報伝播力」をすべて備えた消費者と定義している。

 

 

 

 

 

 

こういった「口コミ力」を使ったマーケティング手法です。

通常の広告とは違い、ユーザーのつぶやきでナチュラルに宣伝が出来ますので訴求力が抜群です。

また、各媒体のシェア機能によりどんどん拡散され、一気に話題性を生むことが可能です。

特に若年層をターゲットにした女性向けサービスの認知手法としては非常に相性が良いです。

 

弊社でもご依頼いただければお客様のターゲットに合わせたプランをご提案できますので、お声がけください。

 

 

 

但し、ビーバー様以外でお願いします・・・。

 

 

ホームページ制作/コンサル・動画制作・パンフレット制作・webコンサルティングのことならgaデザインにお気軽にご連絡ください!

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社は、gaデザイン。

癒される空間と癒される仲間

 

gaデザインの佐藤です。ブログは初めての投稿になります。

先日、友人でもあり、仕事のパートナーでもある仲間達と食事をしました。場所は、淀屋橋にある、なかなか予約の取れない「かんてき屋 要」さん。海鮮を炭火で焼いて食べるお店です。



メンバーは、年齢や仕事は違えどみな成功している方々。成功してきた人の道のりは本当に凄い、私なんかまだまだだと思います。

(株)三日月百子の物河社長、サンテレビの日比部長、アイネットケアサービスの白川社長、山下弁護士、CMプランナーの林あきひと先生、タレントで吉本興業の浅越ゴエさん。仕事の話からプライぺートまで話は尽きることなく。2次会のバーの時間含めてあっという間の数時間でた。このメンバーは、誰と会っても癒されます。

浅越ゴエさんは、忙しい合間を縫って会いに来てくださいました。ゴエさんは、ダイエットをして7キロ痩せたそうです。体も鍛えていてモデルのような体型でした。テレビで見るよりカッコイイ。

山下弁護士も多くの事件を抱えるエリート弁護士、忙しいはずなのに来てくれてありがとうございます。実は山下弁護士は、某有名飲料メーカーの創業者のお孫さんです。自宅のある東京を離れ大阪で弁護士をしています。「親のすねは齧りたくない」と弁護士の資格を取られたそうです。

サンテレビの日比さんは、遊びも仕事も全力投球。サンテレビの将来の役員候補です。もっと偉くなって私を雇って下さい~。

林あきひと先生は、私と一緒に「なか卯」をはじめ多くのテレビCMを作って頂いた音楽プロデューサー。物河社長と趣味の車の話で盛り上がってました。



物河社長や白川社長の起業された当時の話は、大変参考にもなります。凄まじい努力をされています。成功されてる方は、皆さん努力家でアイデアマン。物河社長の事業コンセプトは、「ワクワク」。物河社長自身がワクワクしたいという思いがベースにあるそうです。商品の仕入れから店舗運営にまでそのワクワクが生かされているのだと思います。

gaデザインも同じコンセプトです。「楽しいが大好き」から始まった会社。私たちが、楽しくないとクライアントが楽しいわけがないと思います。クライアントの為に、常に楽しいことを考える会社でありたいと思います。5月に入り行政案件のコンペも増えてきました。参加するなら全て獲得するつもりで臨みます。毎日頑張ってくれているスタッフへ、うまくいくといいね。7月にあるキックオフ会は、東京ディスニーランドです。一緒に楽しみましょう!

私の親父が良く言ってました「努力は、人を裏切らない」と。

社会人になってその言葉をよく思いだすようになりました。仕事は、思いどうりにいかないことばかり、不安や悩みがあるから、努力するんだと思います。私は、その努力を楽しみたい。

           人生は思いどおりにいかないもの

           だからこそその人生を楽しもう

           楽しいが大好き!  

                  gaデザイン 佐藤

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社は、gaデザイン。

 

 

 

 

 

 

 

み、み、み、身代金!???

物騒なタイトルで始まります今回のブログ!

最近、世間を騒がしている「ランサムウェア」をご存知ですか?

ランサムウェア=身代金要求型ウィルスのことです。
先週、全世界でなんと!!33万台のパソコンが感染し猛威をふるったウィルスで、
幸い日本では大きな被害が無かったようでよかったですが、日産自動車の英サンダーランド工場や
仏ルノーの工場にも影響が出たとか...
ロンドンなど各地の病院で一斉にシステムがダウンし、患者のデータにアクセスできなくなるなどの被害が!
病院はやめたげてよ (´・ω・`)
 
 
↑感染するとこんな画面だよ

不審なメールは、絶対開かないわーって思ったそこのあなた!
宅配便の会社を装ったメールや銀行を装った巧妙なメールが!!!
クリックするなどして感染するとPC内のデータが開けなくなり、なんと解決のための“身代金”の要求

ノートン公式からも、ランサムウェア”WannaCry”は、
感染したパソコン上のデータを暗号化した上で仮想通貨「ビットコイン」で身代金300ドルの支払いを
求めるメッセージを画面に表示します。3日以内に支払わないと、身代金の金額は倍になり、
7日経過しても支払われない場合、データは全て削除されてしまいます!
もし、開けてしまったり、クリックしてしまったら、ネットワークケーブルを即抜いて、神に祈りましょう


いやー本当に悪い奴がいる世の中ですね。

しかし、私たちgaデザインはそんな奴らとは違い、皆様に笑顔と感動を届けます。

ホームページ制作/ウェブコンサル/動画制作/パンプレット制作のことならgaデザインにお任せください!

北山

 

 

ネイティブアプリに変わる新技術!?

こんにちは。

プログラマーの土屋です。

最近、すごく気になっているWEBサービスがあり時間がある時にちょこちょこ調べている新しいWEBサービスがあります。

それがProgressive Web Appsというサービスです。


Progressive Web Appsとは、WEBページ/WEBアプリケーションとネイティブアプリの利点をいいとこ取りできる新しい仕組みのWEBサービスです。

モバイル端末でページを表示する時にネイティブアプリのような挙動をさせることが出来るのですが、読み込みスピードが圧倒的に早くなる代物です。



実は今はまだ、早期段階ですが、今後ネイティブアプリに変わる新しいツールになるとの噂です。。。。。。

簡単にPWAの特徴をまとめると

1.レスポンス向上によるCVRの向上

従来のWebサイトに比べて速度が断然早いので、ユーザーがサイトを見ている際に、「遅い」と感じることが少なくなります。
また、早期導入したSUUMOではCVRが1.7倍に伸びたとか。。。。
うらやましい限りです!!

2.ユーザーにインストールは不要

ブラウザー上でアプリと同内容のサービスを展開できるため、ユーザーにとって利用障壁となるアプリインストールの手間を省けます。この手間が省けることも離脱率も改善に繋がりますよね。

3.プッシュ通知が可能!

今まではアプリを導入しているユーザーにしかできなかった「プッシュ通知」ができるようになります。また、Chrome50 Payload対応により、プッシュ配信時に動的なコンテンツを入れ込むことも可能です。

4.アプリで必要だった、アップデート/リリース審査が不要に

ユーザー側にもですが開発者側にも優しい仕組みです。
やはりアプリを通す際の審査というものは、時に高い障害になる場合がありますがPWAはそういったことはありません。

5.オフラインでのコンテンツ利用が可能に

ここが一番気になる所ですが、なんとネットが繋がっていない所でもコンテンツ利用ができるようになってしまいます!
(これで通信費を気にしなくても大丈夫です)

しかも開発もそこまで難しくないようで隙間時間でちょこちょこ触っております。。。笑
しっかりと勉強し、近い将来クライアントさまからのご要望にお応えすべく!!!



ホームページ制作/ウェブコンサル/動画制作/パンプレット制作のことならgaデザインにお任せください!

色のふしぎ

はじめまして、グラフィックデザイナーの福田です。

さて、突然ですが、あなたは今トイレを探しています。もはや一分一秒を争う状況です。
そして、やっと見つけたトイレ!そして見慣れたこのサイン。…よし、こっちだ!



 

 

 

 

ふースッキリしましたね。

…おや、あなたは今どちらのトイレから出てきましたか?

男性は右、女性は左を選んだという方が多いのではないでしょうか。
もう一度よく見てください。右はスカートをはいていますよ…!
普段ならこちらを女性と認識していませんか?

このトイレの男女マークの「色」を入れ替えてさまざまな国の方に対して実験した事例があります。
結果、日本人の大半が間違ったトイレに入り、
海外の方はこの間違いをするケースがほぼなかったそうです。

実におもしろい。

なぜこのような結果になったのでしょう?

人間の脳は、これまでの経験や知識から推測して物事を判断をすることができます。
日本では一般的に男性が青系統、女性は赤系統で表現される傾向にあり、
子どもの頃からランドセルや持ち物などから男女の色のパターンを繰り返し経験しています。
そしてものごとを判断するときに発動され、色から男女を識別し間違ったトイレに入ってしまう…
という行動を起こさせたのです。

このトイレの色分けは、一説によると
1964年の東京オリンピックあたりから始まり、大阪万博で一気に広がったと言われています。
国際的な祭典やイベントにはさまざまな国の方が集まります。
男性がスカートをはく国もあり女性がスカートをはかない国もありますので、
デザインだけでなく色でも男女を区別するという二重の識別ができるようにしたそうです。

一方、海外では色による男女の識別はあまりされておらず、
どちらかというと形や文字で表現されていることが多いために、
間違う人が少なかったのですね。

最近ではユニバーサルデザインといって、
文化・言語・国籍の違い、老若男女の差異、障害・能力を問わずに利用することができる
施設・製品・情報の設計(デザイン)が重要視されています。
そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて
街中でもユニバーサルデザイン化がどんどん進められています。

色の話からすこしずれてしまいましたが、
デザインにはそれが設計・作成された時代背景を反映されていておもしろいですね。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブサイトやパンフレット、看板などを作成するときに大切な事は、
情報をきちんと届けたい人に届けることです。
そのためには、年齢や性別などなど…情報を届けたい層の好みの傾向や流行をきちんと把握して
デザインをする必要があります。
先ほどのトイレの例でもわかるように「色」は一瞬で区別がつくほど強い要素で、
人間が物事を認識・識別するメカニズムとして比重が大きいのです。

信号機もその顕著な例ですね。「赤」は警告、「青」は安全。

だからこそデザインする上で「色」は大変重要な役割を担います。
人間は「やさしそう」「おいしそう」「高級そう」「危なそう」「楽しそう」など…
色のイメージを潜在的に持っています。
私たちはこのような人間の心理も加味しつつ、
「届けたい人に確実に届ける」ことができるようにデザインしています。

弊社はデザインはもちろん、現状の分析から改善策などさまざまなご提案をさせていただきます。

今よりもっと効果的なホームページやパンフレットをつくりたい!
より効果的な広告展開をしたい!とお悩みのみなさま。

ホームページ制作/ウェブコンサル/動画制作/パンプレット制作のことならgaデザインにお任せください!

 

自分の行動がGoogleマップ上で丸裸に・・・!

初めまして! Webディレクターの今口です。

これまでも何度かスマホアプリのことをこのブログで紹介していますが、私からはGoogleマップアプリの面白い機能を紹介します。その名も、タイムライン。自分の行動がGoogleマップ上で丸裸にされてしまう恐ろしい機能です。



Googleマップアプリを起動して左上の≡をタップすると、上のようなメニューが開きます。そこからタイムラインを閲覧することが可能。

タイムラインを開くと、Googleマップ上に自分がその日どのような行動を取っていたかが一目で分かるようになっています。


車や電車、飛行機での移動も、全てこのように地図上に表示されます。また、それぞれの移動距離や移動時間も表示されます(精度は完璧とは言えませんが、大体あっています)。

そしてこの機能のすごいところは、どこに行ったかの詳細もきっちりと記録されているところです。



泊まったホテル、遊びに行った施設、食事したお店など、その場の滞在時間から自動的に判断してくれます。その場で撮影した写真も表示されるという徹底っぷり。「あの日どこへ遊びに行ったっけ?」「飲み過ぎて昨日行った店の名前を覚えていない」など、様々なシーンで活躍してくれます。

もちろん個人情報の塊なので、他人に見られることはありません。

こういうのが気持ち悪いという人もいるでしょうから、この機能は同意した人だけが使うことができるようになっています。

Googleでは他にも無料で使える機能がたくさんありますので、また追々紹介していきたいと思います。




ホームページ制作/コンサル・動画制作・パンフレット制作・webコンサルティングのことならgaデザインにお気軽にご連絡ください!

アクセス解析、見るの!

はじめまして。WEBデザイナーの荻野です。

明日からG・Wですね~

外にアクティブに出られる方も休みは家でネットサーフィンするんだ!って方も、常にそばにあるのはネットではないでしょうか?

昔はなかったネット社会ですが、いまや必需品と言っても過言ではないと思われます!

ここで、おひとつ、お話しを。。。。。

むかしむかーし、あるところに、自転車で豆腐を売ってる豆腐屋がいました。



ネットも広告もない時代で、冷凍保存や加工などもなく自転車で豆腐を売る時代です。

豆腐屋は、毎日、毎日自転車に乗って豆腐を売るのですが、いろんな困難にぶつかります。。

今日はたくさん売れた!明日はもっと沢山豆腐を作って売りに行こう!

が、しかし、そんなうまくいくわけではなく、売れ残った生豆腐は破棄しなければなりません。

今日は場所を変えてみよう、明日も変えてみよう!人が居たり、居なかったり、、、

沢山作ってしまうと残りは破棄となり、売れる日に商品がないとそれ以上売れない。。


豆腐屋、悩みました。。。。

いつ、どこで? どれだけ? 豆腐が売れるだろう?



悩んだ結果、豆腐屋はある統計をとりました!

四季のある日本で一年間、どれだけ売れたか捨てたかどの場所でどの時間にどんなお客さんがどれだけの量を、etc

ひたすら、ただ、ひたすら、メモメモメモ、していきました。



ここからが本題です。

一年を渡って統計を取ることにより、無駄な破棄豆腐を抑え、売れる時期を大量生産する。

売れる場所と売れない場所を明確にする。

統計をとることにより、様々のお客様の動きを計測し予測することができます。

時は経ち2017年、お客様(ユーザー)の行動はアクセス解析で知ることができます。

かつては企業のWebサイトといえば、会社案内などの情報を発信することを目的とするものがほとんどでした。

しかし最近では、自社製品やサービスの紹介を行いながら売上をアップさせたり、

インターネット広告を介して集客を行いながらコンバージョン(Webサイトの訪問者が商品を購入したり、会員登録をしたりすること)

をアップさせたりする目的を持つものが増えてきました。

アクセス解析は、企業が自社のWebサイトの現状を知り、訪問者やコンバージョンを増やすための有効な手段の1つです。

是非、一度自社のWebのアクセス解析を見て見ませんか?

豆腐屋は統計とり続け試行錯誤の末、自社ビルを持つ立派な「豆腐.company」に成長したそうです~

 




ホームページ制作/コンサル・動画制作・パンフレット制作・webコンサルティングのことなら
gaデザインにお気軽にご連絡くださいませ!