ネイティブアプリに変わる新技術!?

こんにちは。

プログラマーの土屋です。

最近、すごく気になっているWEBサービスがあり時間がある時にちょこちょこ調べている新しいWEBサービスがあります。

それがProgressive Web Appsというサービスです。


Progressive Web Appsとは、WEBページ/WEBアプリケーションとネイティブアプリの利点をいいとこ取りできる新しい仕組みのWEBサービスです。

モバイル端末でページを表示する時にネイティブアプリのような挙動をさせることが出来るのですが、読み込みスピードが圧倒的に早くなる代物です。



実は今はまだ、早期段階ですが、今後ネイティブアプリに変わる新しいツールになるとの噂です。。。。。。

簡単にPWAの特徴をまとめると

1.レスポンス向上によるCVRの向上

従来のWebサイトに比べて速度が断然早いので、ユーザーがサイトを見ている際に、「遅い」と感じることが少なくなります。
また、早期導入したSUUMOではCVRが1.7倍に伸びたとか。。。。
うらやましい限りです!!

2.ユーザーにインストールは不要

ブラウザー上でアプリと同内容のサービスを展開できるため、ユーザーにとって利用障壁となるアプリインストールの手間を省けます。この手間が省けることも離脱率も改善に繋がりますよね。

3.プッシュ通知が可能!

今まではアプリを導入しているユーザーにしかできなかった「プッシュ通知」ができるようになります。また、Chrome50 Payload対応により、プッシュ配信時に動的なコンテンツを入れ込むことも可能です。

4.アプリで必要だった、アップデート/リリース審査が不要に

ユーザー側にもですが開発者側にも優しい仕組みです。
やはりアプリを通す際の審査というものは、時に高い障害になる場合がありますがPWAはそういったことはありません。

5.オフラインでのコンテンツ利用が可能に

ここが一番気になる所ですが、なんとネットが繋がっていない所でもコンテンツ利用ができるようになってしまいます!
(これで通信費を気にしなくても大丈夫です)

しかも開発もそこまで難しくないようで隙間時間でちょこちょこ触っております。。。笑
しっかりと勉強し、近い将来クライアントさまからのご要望にお応えすべく!!!



ホームページ制作/ウェブコンサル/動画制作/パンプレット制作のことならgaデザインにお任せください!