BLOG

能の舞台鑑賞してきました!!

皆さん、こんにちは!webディレクターの西内です。
やっと梅雨も明け、いよいよ夏本番ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
私は、すでに夏バテ気味ですが何とか踏ん張っております。。。
体調管理をしっかりして、楽しい夏を過ごしたいですね。

さて、そんな中で
先日、弊社のクライアントであります瓦照苑様の舞台「照の会 第二回神戸公演」にご招待頂きましたので
初めて能の舞台を鑑賞してきました。

まさか、能を見れる日が来るとは思ってもいませんでした!
テレビでチラッとしか見たことのない能。
ちょっと高級感が漂っている能。

当日は興味深々で、会場である「湊川神社 神能殿」に向かいました。


神聖な佇まいに、気持ちも引き締まります。

天気が非常に良く、最高の能日和でした。



非常に立派な楼門を抜けて、いざ境内へ。

本殿に参拝させて頂き、会場に向かいます。
会場である神能殿は、境内の中にあるんですねー。

受付を済ませ、席に座り、始まるまでしばし待機です。


会場は満席で、舞台の正面というナイスポジションの席を取って頂いておりました。
瓦照苑様、ありがとうございます!!

今回の次第は

能「盛久」

狂言「瓜盗人」

能「善界」

の3部構成となっておりました。

入場した際に頂いたあらすじを見ながら、じっくり鑑賞させて頂きました。

私、気が付けば独特の世界観にすっかり引き込まれておりました。
やはり、目の前で実際に見させて頂くのは臨場感が全然違いました。

メリハリの利いた話の流れで、次の展開がどうなっていくのか。
息をのみながら楽しむことが出来、非常に良い経験となりました。

皆さんも、ぜひ一度能楽という日本の伝統芸能に触れてみてはいかがでしょうか。

今後も様々な催しがございますので、「瓦照苑」様のHPを要チェックしてみて下さい。
夙川能舞台「瓦照苑」ホームページ

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

SSLってなぁに?

こんにちは。ディレクター?の増田です。

企業などのWEB担当者の方は、既にご存知のことと思いますが、
今月よりリリースされる Chrome 68 より、SSLサーバー証明書を導入していないサイトに警告表示が開始されるようになります。

それを受け、弊社でもSSL化の駆け込み依頼が急増してきております。

そんなSSL。最近よく耳にするSSL
一体何なのでしょうか。
もちろん、SSLについてネット検索すると、いくらでも情報が出てきます。
が、専門用語が多すぎて「日本語で書いてってばよ!!!」と叫びたくなることはないでしょうか……?

そこで、今日はSSLについて、できるだけ簡単な言葉を使ってご説明いたします。
インターネットの仕組みに詳しくない方を想定しているため、中上級者の方から見れば「厳密に言うと違うんだけど……」と言いたくなるところもあるかと思います。
ですが、今回は「理解ること」を優先して書いていきますので、そこのところをご理解頂いた上で、生温かい目でご覧ください。

 

■SSLとは?

そもそも、WEBサイトを見るとき「そのサイトの持ち主が書いた」ということを前提に、閲覧していませんか?
でも、本当のところはわかりません。
もしかすると、得体の知れない第三者が書き変えたものかもしれません

サイトに掲載された情報を、自分のパソコンで表示する際、インターネット上で通信を行うのですが、
その時に、悪い人にその情報を書き変えられているかもしれないのです。

また、サイト上で会員登録を行ったりメールを送ったりなどして、自分の個人情報を入力することがあると思います。
その個人情報は、果たしてサイト運営者にのみ送信されてるのでしょうか?
途中で、誰かに情報を盗み取られたりなどしていないのでしょうか?

WEBサイトを表示させたりサイトのフォームに入力した情報を送信したりなどして、インターネット上での通信が行われるとき、
もしもその通信が安全なものでなければ、情報を改ざんされたり盗み取られたりすることがあります。

そういったことが起こらないように、サイトの情報を保護すること、そしてサイトが保護されていることを権威ある機関が保証してくれていることを総称して、
SSL化、などと呼んでいます。

 

■SSL化するとどうなるの?

前述のとおり、通信が保護されるので、自分のWEBサイトが改ざんされる心配なく、利用者に見てもらえます。
また、利用者が送ってくれた情報を、第三者に盗まれることもなくなるので、意図しない情報漏えいで信用を失うこともなくなります。
何より、サイトがSSL化されているかどうかは利用者にも分かるようになっているので、安心してサイトを楽しんでもらうことができます。

他にもメリットはあります。
SSL化されているサイトは信用があるので、Googleなどの様々なサービスにおいて、優遇されるようになります。
(もっとも現状では、SSL化されていないサイトが冷遇される……という表現の方が正しいでしょう)

SSL化のメリット……もといSSL化されていないサイトの冷遇処置にはこういったものがあります。
  • Googleなどの検索結果で、上位に表示されなくなる(検索結果からサイトに来てくれる人の数が激減します!)
  • Googleアナリティクスなどのアクセス解析サービスを利用する際に、リファラ(その利用者がどんなサイトから来たのかというデータ)を受け取ることができなくなる
  • ブラウザのアドレスバーなどに「保護されていません」という表示を出されてしまう
Googleなどのインターネット業界の権力者がSSL化を推奨しているため、SSLを導入していないサイトは今後もっともっと冷遇され、利用者の信用を失っていくことになってしまいます。

 

■SSLには色んな種類がある?

それは困る! 対策しよう!
ということで、SSL化を進める際、知識が乏しいとつまずくのが、SSL証明書の選び方。

こっそり通信を保護していてもそれで利用者が安心できるわけではなく、
きちんとした機関が発行してくれる証明書がついていて、初めて利用者からの信用を得られるわけですが、
一言にSSL証明書と言っても色んな種類があります。

その中でも特に大事なのが、どこまでサイトの信用性を証明してくれるかというところで、これは大きく3つのレベルに分けることができます。

 

 

レベル1:ドメイン認証(DV認証などと書かれていたりもします)

(サーバー会社で支給されるURLではなく)自分のオリジナルのURLを持っている場合に、そのURL(ドメイン)の持ち主であることを認証してくれます。

と、書くとややこしいかもしれませんが、要は「このサイトはちゃんと保護されてますよー」「このサイトの持ち主が正しく管理してるんですよー」という証明書がついてくるということです。
企業やお店の情報を公開しているだけのサイトの場合、こちらの証明書でほぼ十分だと言われています。

 

レベル2:企業認証(OV認証などと書かれていたりもします)

レベル1のドメイン認証は、サイトを持っている人なら誰でも登録できるのですが、
こちらは登録の条件が厳しくなり、申込を行うと調査会社から電話確認が入ったりします。
その代わり、サイトを運営している団体(企業など)が実在しているということまで証明してくれるようになります。

すごく平たく言ってしまうと「架空の団体が運営している詐欺サイトとかではないんですよー」と保証してくれるんです。

会員制のサイトなどで個人情報を入力してもらったり、ネットショップでクレジットカードや銀行の口座情報などお金に絡む情報を取り扱ったりするサイトでは必須と言えます。

 

レベル3:EV認証

一番厳格な審査がある認証です。
サイト運営団体が実在しているかどうかだけではなく、ちゃんとした団体であるのかという審査まで入ります。

この証明書を持っているサイトは、ブラウザのアドレスバーに団体名を表示してもらえるので、信用性が一気に高まります。

銀行サイトだったり、機密度の高い公的機関のサイト、有名ブランドのサイトが利用することが多いです。

 

■そうは言っても…やっぱりやり方わかんない!

自社でサイトを管理され、サーバーも管理され、ドメインも管理され……という企業様は、恐らくSSL化も自社でされるのかと思います。

が、WEBのことなんて実のところわかんない! 運営だけはなんとかやってるけど、難しいことはさっぱりわからない! という方。

ご安心ください。
gaデザインでは、SSL証明書の取得代行・導入・管理も行っております。

どんな種類の証明書を取ったらいいのか、というところからのご相談や、
取得後の管理(数年単位で更新しないといけないのですが、担当者が変わったりしていると情報が分からなくなって悲惨なことに……)も承っておりますので、
どうぞお気軽にご相談くださいね!

電話:06-6202-7773
メールフォームはこちら

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社
gaデザイン

webディレクターの仕事ってなんだろう?



皆さんこんにちは。
gaデザインでwebディレクターをしております磯部です。

もう7月にですね。2018年も後半に突入・・・。
迫りくる夏の暑さに心が折れそうですが、下半期も頑張っていきましょう。

さて、弊社gaデザインはwebサイトの制作を中心に、お客様の販促・PRにつながる媒体の制作を行っております。

今回はそのwebサイト制作について、ディレクターという立場から「どんな仕事をしているのか」についてお話させていただければと思います。

 

 

webサイト制作の流れ

 

webサイト制作。これは決して一人だけで完結するお仕事ではございません。
様々な人たちの力が合わさって完成する、チームプレーの賜物でございます。

サイトの種類や規模によって異なりますが、完成までの大まかな制作の流れは下記のようになるかと思います。

①受注

②ヒアリング

③要件定義

④サイト設計(サイトマップ策定・ワイヤーフレーム制作など)

⑤デザイン制作(UI制作・デザインカンプ制作など)

⑥実装(コーディング・システム構築など)

⑦テストアップ

⑧本番アップ(納品)

 

 

ディレクターの担当領域

 

上記の流れの中で、私のようなディレクターが担当する領域は、下記の様になるかと思います。

①ヒアリング

②要件定義

③設計(ワイヤーフレーム制作)

ざっくりいうとwebサイト制作の上流工程を担当します。

 

 

設計フェーズは大事

 

ディレクター業務のうち特に重要なのが「設計」の部分。お客様の「やりたいこと」を「サイトの機能」として仕様に落とし込んでいく作業です。

web制作って、デザイナーさんやエンジニアさんが担当するデザインとか技術の部分に目が向きがちなのですが、実は設計フェーズがとても大事。作業はとても地味なのですが、ここをしっかりとやっておかないと、案件が炎上することも・・・。(炎上こわい)

 

 

私のやってること

 

そこで今回は社内の新人ディレクターにも向けて、私がサイト制作の際に作っている具体的なドキュメント(設計資料)について紹介をしたいと思います。

 

■要件定義

お客様からご要望ややりたいことをお伺いしたあと、まずはそれをテキストベースで仕様に落としていきます。
お客様の認識と自分の認識にズレが無いか確認ができますし、社内の制作陣と初回のキックオフMTGを行う際などにも概要の共有に役立ちます。

例)要件定義

 

■スケジュール表作成

設計フェーズ、デザインフェーズ、実装フェーズなど各工程の進行予定をスケジュール表(ガントチャート)に落とし込みます。
納期から逆算して「いつまでに各工程を終えないといけないのか」を明確にします。

例)スケジュール表

 

■サイトマップ策定

サイト構造の全体設計、および制作の必要なページの洗い出しを行います。
案件の規模にもよりますが、大まかなサイト構造を定義するハイレベルのサイトマップと、必要なページを漏れなく網羅するローレベルのサイトマップ(ディレクトリマップ)の2種を作成するのがオススメです。

例)ハイレベルサイトマップ

 

例)ローレベルサイトマップ

 

■掲載コンテンツ策定

各ページの画面設計に入る前に、そのページに「どういう情報を載せるか」まずはテキストベースで書き出します。
webサイトってやっぱりコンテンツが掲載された「文書」なので、内容をある程度固めてからワイヤーフレーム制作に入ったほうが文脈に合った画面設計ができます。

例)コンテンツ案

 

■画面設計(ワイヤーフレーム制作)

これまでの作業でwebサイトの全体設計、ページの内容がある程度固まったので、ここで初めて画面設計(ワイヤーフレームの制作)を行います。
コンテンツのレイアウトや、他のページへのリンクを設置するナビゲーションなど、サイトのコンセプトやコンバージョン(達成目標)を意識して、設計を行います。

例)ワイヤーフレーム

gaデザインではワイヤーフレームの制作ツールに特に決まりはありません。各ディレクターが使いやすいものを使用しています。大切なのは使うツールよりも設計の背景にある意図や理論です。
ちなみに私は「Adobe XD」を使用しています。

 

 

設計フェーズのあと

 

画面設計が終わると設計フェーズは一旦終了です。このあとワイヤーフレームをベースにデザイナーさん色付けを行いデザインカンプを制作。そのデザインカンプをもとにコーダーさんがHTML・CSS等を用いてwebサイトの構築を進めていきます。
(なお、画面設計が終わってもディレクターの仕事は終わりません。デザイン工程・コーディング工程の各工程の進行管理や、お客様との確認のやり取り、素材の手配や発生するトラブルへの対処など、納品まで奔走することとなります・・・)

 

 

ディレクターのすすめ

 

ディレクターのお仕事、お客様からの要望と予算や社内リソースの調整に頭を悩ませたり、迫る納期に胃がキリキリしたり、プレッシャーのかかる正直しんどい仕事だと思います。

しかしそれは裏を返せば、とてもやりがいのある仕事だということ。自分が考えて設計したwebサイトができあがり、無事納品して実際に動いている様子を見たときの喜びは筆舌に尽くしがたいものがあります。

web制作の仕事というと、デザイナーさんやエンジニアさんに目が向きがちで、ディレクターっていうと「調整役」「雑用役」みたいなイメージを持ちがちです。(私自身、最初はそう思っていました)
ですが、ディレクターを日本語でいうと「監督」。サイト制作の責任者であり制作チームのリーダーなのです。デザイナー・エンジニアに負けず劣らず「クリエイティブ」な仕事だと思います。

web業界に興味のある方、ディレクターのお仕事いかがでしょうか。

 

ちなみにgaデザインではwebディレクター絶賛募集中です!

向上心・熱意を原動力にできるWebディレクター募集!




「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社
gaデザイン

第一回2019新卒会社説明会 開催!

こんばんは、gaデザインの松田です。

今日は、マイナビ2019新卒会社説明会を開催しました〜!

  

会場はもちろん…gaカフェ!^-^♪

  


第一回目という事で、受付時間までとてもドキドキでしたが、

大勢の方々が足を運んでくれました!

来て頂いた方々誠にありがとうございます!



説明が終わった後の質疑応答でもみなさん積極的に質問して頂き、

また、説明会終了後もたくさんの学生さんとじっくりお話ができて

とても良い時間を過ごせた気がします♪

  

今後も説明会を開催するので、ご参加をご検討されている方はぜひ〜!



「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社gaデザイン

ゴールデンウィーク休業のお知らせ


平素は格別のご愛顧賜わり、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

【休業期間】2018年 5月3日(木)~5月6日(日)

※5月1日(火)、2日(水)は通常営業しております。

期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、
ゴールデンウィーク休業期間後の5月7日(月)午前10時より順次対応させていただきます。
期間中はみなさまには大変ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

gaデザインカフェ プレオープン

初めまして。3/12より入社致しました、webディレクターの三杉です。
これからよろしくお願い致します。

皆様にお知らせがあります。
昨日の3/15から遂にgaデザインのカフェがプレオープン致しました。

 


昨日は大変有り難いことに
沢山のクライアントの方々にご来店して頂きました。
誠にありがとうございました。

カフェタイムもコーヒーなどのドリンクを飲みに
沢山のクライアントの方々にご来店頂いたのですが、
夜のバータイムはなんと店内満席で昨日は
代表の佐藤が料理を作っていたのですがその料理が大変好評で
沢山の方に注文して頂き洗い物が間に合わない状態で
店内に嬉しい悲鳴が響きました。

そんなgaデザインカフェは本日プレオープン2日目でございます。
スタッフ一同でお待ちしておりますので是非ともご来店ください。

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社
gaデザイン

gaデザインが南堀江にカフェ&バーをOPENします!



クライアントや取引業者のみなさまが
自由にコミュニケーションを取っていただけるカフェです。
講演会やイベントなどにもご活用いただけます。
ぜひぜひお気軽にお立寄りください!

 

プレオープン

3/15(木)・16(金) 10:00〜19:00

 

ご来店お待ちしております。
ぜひお越しください!

 

 

webディレクターの雲山です!
今日はgaデザインからみなさまへ
素敵なご案内をさせていただきます(*´∀`*)

上に書いている通りこのたび南堀江にて、

gaデザインのカフェをオープンいたします!!!

???とお思いの方も多いと思いますが、

早速本日はプレオープンへ向け少し中をご紹介いたします!

まずは入り口、

 

こーんな感じで目印になる車が…!

えっ!ってなりますよね!!

私も始めはびっくりでした。

なんとこのワーゲン、代表自ら調達し、設置。

入り口からインパクト大ですが

中はもっとすごいです!!

 

 

 

めっちゃ本格的なCAFEやん…

かなり作り込まれてます。

写真よりもぜひ実物を見に来てください!!

そしてCAFEといえば飲み物ですよね!

もちろんこだわりにこだわりを重ねて…

 

こんな感じでご提供させていただきます!!

このドリンクには秘密があって

それはぜひスタッフまでお問合わせください!!

(めっちゃ言いたい…!)

最後にお楽しみスペースのご紹介です!

 

奥の奥にはこんなスペースが…!

ダーツ!!ちゃんと動きます!!

談笑しながら、

楽しみながら、

ぜひぜひご利用くださいね!!

今後ももっとCAFEについてピックアップして

ご紹介してまいります。

気になった方はぜひgaのスタッフまで!

できれば雲山まで!

お問合わせくださいませ。

今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

ブログのお引越しについて

現在、お客様のサイトにWordpressを構築して、無料のFC2ブログからデータのお引越し作業をしています。

これが意外と手間がかかる!
FC2からWordpressにデータをインポートする時は、「Movable Type・TypePad インポートツール」というインポート用のツールがあるにはあるんですが、バックアップしたデータがテキストファイル形式で<p>タグなどがちゃんと入っていないのでそれを整形する必要があったり、データ内の imgファイルへのリンク先やページ内リンク先のURLを変更する必要があったり、FC2内で設定された検索用のタグとの関連付けを手動でする必要があったりして、結構な手間がかかる作業が必要になります。

今回お客様のブログ記事は1,000件ほどあり、バックアップ用のテキストファイルもテキストエディターで50,000行ほどあります。
Dreamweaverやテキストエディタの置き換え機能を駆使しながらデータの整形をしている最中ですが、これが結構大変な作業になっています。

引っ越しは本当に大変ですよね~!
実は私、1年前に広島から京都に引っ越して来たんですが、荷物が多くて荷造りも、荷解き作業も本当に大変でした。
何が一番難しいって、モノを捨てることでした。荷物を減らすためには不要なものを捨てるのが一番なんですが、私にとってはどれも「勿体無い」「まだ使える」「想い出がある」「あれば便利」に感じて、今は使わないものが膨大に残ってしまい、それらを惜しみなく持ってきたので、京都の引越し先の家は荷物を片付けることができないまま今に至っています。
ブログの引っ越しを会社でしながら、あ~~私の家の片付け作業も早くやらなくっちゃ!と感じている次第です。

お客様のブログの引っ越しの話しから逸れてしまいましたが、、
ここで、無料ブログからWordpressブログに引っ越すことのメリットをあげておきたいと思います。
・サイトのカスタマイズがしやすい、ホームページと連動している
・広告の記載がない
・SEO的にはグーグルが無料ブログの評価を全体的に下げたことで、現在ではWordPressのほうが強い傾向にある
こういうことが挙げられると思います。

ブログお引っ越しをお考えのお客様、サイトにブログを構築したいとお考えのお客様、Wordpressを使ってサイトを更新していきたいとお考えのお客様、gaデザインはWordpress構築の経験が多数ございますので、お気軽にご依頼くださいませ。

Mailto: web-account@ga-design.jp まで

gaデザイン 田辺でした。