BLOG

色の持つ意味

はじめまして。webデザイナーの田中と申します。

はじめてのブログ担当ということもあり、
なにかブログのネタにできることをおもしろいことを探そうと意気込んでいた週末に、
風邪をひいてしまいました…!いつもタイミングが悪い私です…!

せっかくいただいた3連休。
もったいないと思いましたが、これこそが贅沢な休日の使い方だと言い聞かせ寝ておりました!



そんな中、そういえば風邪薬って白色が多くない?と、
普段なら気に留めないことを考えて、理由を想像してみました。

  • ・素材が白いから(素材が何かは知りませんが)
  • ・白のもつまっさらで清潔感や信頼感のあるイメージから
  • ・「薬=白」という既成概念から

そして理由を調べてみたところ、
医薬品には理由なく色を付けるのは禁止されているようです!

なので、色がついているものの多くは

  • ・もともとの薬品の色
  • ・処方間違い、飲み間違いの注意喚起のため

で色がついているとか…
そんなルールがあるのは知りませんでしたが、確かに!と納得でした!

例えば、
体調が悪いときに買った風邪薬が開けてみると黒かったとき。
これは本当に飲んで大丈夫なのかな?と思う方もいるのではないでしょうか。

黒には高級感や強いイメージがあると言われる一方で、
体調が悪い時や体に入れるものと考えると、
黒の持つ重さや暗さが不安にさせてしまうこともあると思います。

しかし、それが病院で処方された薬だった時、
私なら一瞬ためらっても、これはよく効く強い薬なんだろうと思うかもしれません。



こんなふうに意識せずとも日常生活の中で、誰もが感じる色のイメージは、
「時と場合と場所(TPO)」によって変わったりしますよね。




ホームページの制作についても同様に、
色というのは常に意味を持っているものだと思います。

そして、それを意識させない、TPOに合った
意味のある色使いができるよう目指していきたいです。

たまには身の回りの色について考えてみると
新しい発見があるかもしれません!


季節の変わり目ですので、皆様も体調を崩さないようにお気をつけください!


「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

情報を正確に伝える方法

webデザイナーのヤクシジです。

広告もwebサイト(ホームページ)も本質的には「情報を伝える」ためものである、ということだと思うのですが、今回は「情報を伝える」という事について少し掘り下げてみたいと思います。


普段誰かと会話をするというのも、お互いに情報を伝えあって成り立っています。そんな中で大事なのが「すれ違い」や「誤解」を防いで「情報を正しく伝える」ということだと思います。

そこで、より良い情報伝達のワイヤーフレームとして、ご存知の方も多いかと思いますが「5W1H」があります。

ビジネスシーンでもよく使われ、私自身も普段できるだけ意識するようにしています。(※できるとは言ってない)

5W1Hとは

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

として情報の伝達ポイントをまとめられたものです。


例えば「部下の山本さん(仮称)へ資料作成の仕事を指示する」という場合に

パターン1:山本さん、〇〇の企画資料を作成してください

と伝えるだけではあまりに内容が不明瞭ですね。
「誰が、何をする」という情報しかありません。

これでは、山本さんは「なんのために」「どのように」「いつ(いつまでに)」というのが不明瞭なため、よくわからないまま仕事を進めなくてはいけません。

パターン2:山本さん、明後日までに、交渉中のクライアントのA社に提出するための、〇〇の企画資料を、画像やグラフを用いたカラー10P程度で、作成してください。

パターン2では、
いつ:明後日までに(when要素)、
なんのために:交渉中のクライアントのA社に提出するための(why要素)
どのように:画像やグラフを用いたカラー10P程度で(how要素)

という情報が加わることでより詳細に伝わるかと思います。
(今回のケースは「どこで」というのは「会社で」となりますので除外しています。)

この5w1hは情報の伝達だけでなく、マーケティングや立案時などにも用いられます。

さらに発展した5W2Hというものもあります。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
  • いくらで/いくつで(How much/How many)

「いくらで」または「いくつで」という”金額や個数の情報”が加わることでよりビジネスに則したものになります。

例えば「化粧品メーカーが自社の新商品の発売について説明する」という場合に

パターン1:当社ブランドXXの新商品「〇〇」が発売します。定価は2,980円です。

このように商品の説明をした場合、発売するという事実と値段はわかりますが、一体どんな商品で、どこで買えるのかもわかりません。

もう少し詳しく説明する場合は

パターン2:10月15日に全国の百貨店・直営店で当社ブランドXXの新商品「〇〇」が発売します。
乾燥肌に悩む20代の女性がターゲットの、スキンケア用美容液です。
1本75ml入りで定価は2980円です。

といった感じでしょうか。
もうお解りかと思いますが、

いつ:10月15日に
どこで:全国の百貨店・直営店で
だれが:(当社が)
なにを:当社ブランドXXの新商品「〇〇」
なぜ:乾燥肌に悩む20代の女性をターゲット
どのように:スキンケア用美容液(として)
いくらで/いくつで:1本75ml入りで定価は2980円

と分解できるかと思います。
パターン1と比べてどんな商品なのか、いつどこで手に入るのかがわかりますね。

普段の会話でも何も考えずに言葉にして説明するよりも、5W1H(5W2H)を意識してから言葉にすることで、より具体的に相手に意図が伝わり、コミュニケーションがより円滑になります。

「どこで?」とか「それは誰がやるの?」などの不要な聞き返しも減りますね。

ともかく、より相手に分かりやすい、理解しやすい言葉で伝えようとするという事がコミュニケーションに大事なのだと思います。

良ければぜひ取り入れて見てくださいね。


「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

明日9月4日(火)の電話サポートにつきまして

台風21号の影響により電話が繋がりにくい場合がございます。
お急ぎのご連絡は各ディレクターのメールまたは携帯電話にお問い合わせください。
お問い合わせフォームにいただきましたお問い合わせに関しましては、
5日(水)より順次対応させていただきます。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

すこしだけWebデザインのお話。


ご無沙汰しております。webデザイナーのおがわです。
みなさまお元気でしょうか?

gaデザインに入社してから4年目の、平成最後の秋を迎えましたが、たくさんの人や出来事に触れ、日々充実した生活を送ってます。

さて、そんな私ですが、
今から4年前、webデザイナーになる為に専門学校に通い勉強し、僭越ながら新卒でgaデザインに入社させていただきました。

新卒の頃、時間をかけて出来上がったトップページやバナーを上司に見てもらい、なんどもリテイクをもらってました。
リテイクがあるのには、自分が力不足だからだとしか感じておらず何故ダメだったのかがあまり分からなかったのですが
それは今思うと、クライアントの求めている「デザイン・情報整理」ができていなかったのが一因だったなと思います。

私たち側(デザイナーやディレクター)が「なんだか分かりづらいな」と思うものは、
ホームページを見にきた人にとっても思うことは一緒です。
Webページは紙媒体よりも視認性や一覧性が低いため、見にきた人にとって見やすい情報をどう提供するかを考えるのも私たちのお仕事のです。

それではどう情報整理をして、Webをデザインしていくのか少しだけ具体例をあげてみたいと思います。


①情報整理「段落分け」

BEFORE

入院費用のお支払いについて
毎月月末で締めて計算させていただき、10日過ぎに請求書を病室までお届けします。(定期請求)退院日には、請求書を発行しますので1階⑤番会計・自動精算機でお支払いください。定期請求並びに退院時のお支払いについては、平日午前9時から午後5時までの間に1階⑤番会計・自動精算機までお願いいたします。なお、退院時の時間外及び休日のお支払いについては、救急センター窓口で取り扱いいたします。キャッシュカード(デビットカード)・クレジットカードでのお支払いもできますので、会計窓口へご相談ください。
お取り扱い時間は以下のとおりです。
平日 午前9時〜午後5時まで
土・日・祝・年末年始 お取り扱いできません。
全ての患者さんに退院時精算をお願いしています。公費等の申請中の方は入院係にご相談ください。限度額適用認定証等は、遅滞なく提出をお願いいます。場合によっては使用をお断りする場合があります。退院の手続きについて
退院は主治医の許可が必要です。退院日については、病棟師長へご相談ください。退院前日に入院費用概算金額連絡票をお届けします。
お支払いは、午後5時までに1階⑤番会計窓口でお願いします。お支払い後、領収書をナースステーションにご提示ください。
※伝票の整理などの都合で、退院後に追加の請求をさせていただくことがありますのでご了承ください。退院される時は、次回の外来診療日の予約をご確認のうえ、できるだけ午前中に退院されるようご協力お願いします。

例えば上記みたいな病院のホームページで、患者さんや、そのご家族の方々に読んでほしいコンテンツだとすると、
よーーく読めば分かりますが、文章を最初から最後まで見なければ、なんの情報が書かれているかが分かりづらい状況です。

▼▼▼▼ それをこう! ▼▼▼▼

AFTER


引用元:http://saiseikai.info/reception/hospitalization/

コンテンツごとに、見出しなどをおき、項目をリストや表にすることで分かりやすくなりましたね。

POINT

  • ・コンテンツや見出しなどに余白を設け、視覚を操作し分別する。
  • ・まとめられる所はリストや表組をし、要点を視覚的に得ることができる。
  • ・写真(図)を使用するとそちらへ目がいくので、近くにあると文章を読むきっかけになる。


②情報整理「図説」

BEFORE

年間手術件数11,675件(平成29年度)
予定と緊急を合わせて、年間1万件を超える手術を行なっています。全身麻酔件数6,041件(平成28年度)
新生児から妊婦(無痛分娩)、高齢者まで、専門の麻酔医が、予定や緊急の手術や検査に幅広く対応しています。
麻酔科はこちら治験・臨床研究数93件(平成29年度)
企業治験 77件  医師指導治験 11件  製造販売後臨床治験 5件
病院の特性・機能を活かし、治療の効果や安全性を高めるため、積極的に治験に取り組み新薬の開発に貢献しています。
治験管理室はこちら
臨床研究センターはこちら

▼▼▼▼ それをこう! ▼▼▼▼

AFTER


引用元:http://www.osakacity-hp.or.jp/ocgh/inv/suuji.html

POINT

  • ・アイコンを使用することで視覚的にコンテンツの補足ができる。
  • ・ポイントカラーを使用し文字サイズや文字の太さなどのメリハリをつけることで、目立たせられる。
  • ・緑のボックスと右向きの矢印アイコンでリンク先として次のページへ移動できることがわかる。


Webデザイナーは見た目をデザインするだけではなく、
このようなユーザーにとって分かりやすいホームページを目指して制作しております!
ユーザビリティの高いWebサイトなど、そのほか様々な提案もできますのでぜひ一度弊社にご相談くださいませ!

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

夏のおわりに振り返る

グラフィックデザイナーのシロマルです

前回の住友のブログご覧頂けましたでしょうか

ワタクシ思わず ヒィィィィー( ;´Д`) とうなりました
※さらに動画とのダブルインパクトです。これまた釘付けになってしまいました。確かに元気がでました。ありがとう

 

そんな意欲満々の新人も入りましたので
グラフィックデザイナーから見た仕事内容をほんの一部紹介をしたいと思います


 

私gaデザインに入社して、9月で丸々3年になります

3年ってあっという間です

入学したての中学生が、気がつけば高校生になっているという激動の期間と同じです
そう考えればすごいですよね


 

担当はグラフィックデザイン
webと異なり聞き慣れない言葉かもしれませんが
紙媒体全般のデザインといえばイメージつきやすいかもしれません
代表されるのが、パンフレット、リーフレット、チラシ、ポスター・・・

 

しかし、gaはそこでは終わりません!!

まず、仕事の幅が広い


官公庁様、病院様のパンフレットをはじめ
会社様の大事な顔となる、ロゴマークのご提案に携わる事も多いです
ロゴマークに愛着が持てるかによって自社に対する愛着や仕事のモチベーションがかわるとも聞くほどの重要な案件
コンセプトやロゴに込めた企業様の想い等、しっかりヒアリングさせていただき形に仕上げていきます

納品後ロゴに愛着を持ち、気に入って頂けたとの話を聞くとホッとします
この仕事をしていて本当に良かったと思うひとときです

 

その他、
・個人イベントの缶バッジやステッカー類の作成
・化粧品のイベント出展用のSPツール全般
・電車広告(ここだけの話、ホームで見かけると1人で勝手に照れております)
・LPデザイン(スキル次第でWEBのデザインに携わる事も可能です)

 

顧客様のオリジナル缶バッジ制作から、大型の交通広告まで
本当に仕事の幅だけでなく、サイズ感も幅広いです

 

さらに web・メディアとの連動が可能


文末にも記している通り
ホームページ制作からメディアを絡めたイベントまでワンストップでの制作が可能です
時には、大型イベントのツール全般を制作する事や
イベント当日にサポートとして同行する事もあります
社員はがひとつになる貴重な体験です

 



振り返ると、こんなに幅広い仕事をこなせる会社って中々ないと
完成した制作物を前にしみじみ感傷にひたった夏の終わりでした

 
ーーーーーーーー


こんな事してみたいんだけど?ちょっとしたアイデアやあきらめていた事一度弊社にご相談ください

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン

台風の影響による電話サポート状況につきまして

平素は格別のご愛顧賜わり、厚くお礼申し上げます。
台風20号の接近に伴い、本日の電話対応は19:00までとさせていただきます。

頂戴いたしましたお問い合わせにつきましては、明日以降順次対応させていただきます。
お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

私、住友!この度ga designへ入社しました!!

初めましてっっ!!Webディレクターの住友と申します!!!!



はい、、、始めましてなのに、強烈で申し訳ございません。。。(oдo;)

完全に、異人が入社しました。数年前の私です。歳は聞かないで下さいませwww

どうせ、このキャラがばれる日が来るのですから最初にお分かり頂けた方がよいかなと判断させて頂きました。

さらに、人の爆笑を取りたいという気持ちが爆発するとこのような事になってしまいます。


もちろん、私は後半に出てくるモナリザの方です!!!

元気がなくなった時にでも、観てやって下さい。。。

 

さて、さて、、、私の事はここまででよいでしょうwww

 

私、gaデザインへ入社して最初に思ったのが、、、

オ、オ、オ、オ、オシャレすぎる!!!!



下町で育った私は、この近未来的な建物に圧倒されておりました。

アップルストアに買い物行くの違って、わたくし毎日この場所で働くんです!ひゃっほい!!!!

うっとり、、してしまいますねwww

さらにっっ!!





オフィスもキレイッッッ!!!!!!!

思わず、汚さないように忍者のような歩き方をしてしまいました。。。

こんな場所で働くことになるとは、感激ですっっ!!!!

モチベーションも上がり、仕事もはかどる訳ですね!!理解しましたwww

 

最後に、、、

私は、何かやってくれそうな気がする」と思ってもらえるようなディレクターになりたいと、気合が入っておりますww

先輩方も優しい方ばかりなので、盗んで、盗んで、みなさんのお役に立てるよう頑張っていきたいと思います。

なので!!!これから、どうぞよろしくお願いしますm(_)m



以上、体育会系のノリが抜けない住友でした。。

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社gaデザイン
 

 

 

 

 

 

 

はじめてのWebディレクター



初めまして、こんにちわ。先月7月に入社いたしましたWebディレクターの福永です。

暑い日々が続きますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今年は熱中症になられる方がとても多いですね。

かくいう私も入社してすぐ、あまりの暑さと日々の水分不足が祟って体調を崩してしまいました。

水分補給…本当に大切です(;^_^A

皆さんも水分はしっかり、十分すぎるくらいに取ってお身体にお気を付けくださいね!

 

 

 

さて、今現在Webディレクターというお仕事をさせて頂いてる私ですが、

もともとはグラフィックデザイナーやイラストレーターを志望していました

それが巡り巡ってWebディレクターとして拾われ…初めはすごく驚きましたが、今では何か運命的なものを感じています。

そんなまだまだ駆け出しのWebディレクターですが、今の時点で私なりに感じた「Webディレクターというお仕事」を書かせて頂きたいと思います。

 

一重にWebディレクターと言っても実はお仕事の幅はとても広く、覚えることもたくさんあります。

まず大前提ですが、Web業界の用語を覚えること。これは本当に大切なことだと感じました。

SSLやSEO対策、レスポンシブやユーザビリティ・・・

他にもたくさんありますが、これらを知らずにいるとお仕事中、まるで異国にいるような感じになってしまいます。

 



それからクライアント様とのやり取りからスケジュール管理をしたり、ワイヤーフレームを作ってデザイナーさんと打ち合わせしたり…

それを何度も繰り返して、長いスパンの中で複数の案件に関わっていきます。

Webディレクターの仕事ってなんだろう?

もっと詳しく知りたい方はこちらの磯部さんの記事を読んでみてください。とても分かりやすいですよ!

 

正直私は初めてのことだらけで「こんなに色んなことをするんだ!」と、毎日てんやわんやしています(苦笑

私が把握しているのはまだまだほんの一部分で、掘れば掘るほどやるべきことや課題が出てきます。

でもその中で一つ一つ、自分のこなせることが少しずつ増えていくのは嬉しく思うと同時に自分の楽しみの一つになっています!



ディレクターは必ずしもデザイナーになってからでないといけないとか、専門的な技術を学んでからでないとなれないとか、そういったことはありません。

ある程度学んでおくことや自分なりに業界について知ることに越したことはありませんが、ゼロからのスタートでも十分叶うお仕事だと私は思います。

もちろん覚えることはたくさんありますが、きっとそれはどのお仕事でも同じことですよね(^^)

 




「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社

gaデザイン

インターネットは日本でどう発展した?

バテる…、どころかトケる…。
そんな日々を過ごすWEBディレクターの平井です。
熱中症どころではない騒ぎです。
Yシャツの下が大騒ぎです。
そんな日本のインターネットのネタを入れ込んでみます。



日本におけるインターネットのその歴史をご存知ですか?

私も詳しくは知らなかったので、勉強してみました。
(もちろんインターネットを使ってw)
参考資料はたくさんあるのですが、その真意も定かではありませんw。
これこそインターネット。
真実はどこかにある。

はじまりは1969年。
アメリカの国防総省の開発部門と、有名なUNIXが出会うことからインターネットがスタートしたと言われています。



ここで驚きなのが、国防総省なのに軍事目的ではなかったということ。
研究成果などをシェアしようというのが目的だったみたいです。偉いですね。

時間は流れ、1984年。東京大学と東京工業大学、そして慶應義塾大学をUUCPで結んだJUNETが誕生。
これが日本のインターネットのはじまりと言われています。詳しい単語は各自調べましょうね。



いわゆるプロバイダーが誕生したのが1992年で、翌年に世界ではじめて画像とテキストを同一ブラウザで表示できる「NCSA Mosaic」が誕生。
モザイクて…。響きが若干やらしいですわね。

そんなやらしいものの代表? 
30代以上の方なら経験したのではないかダイアルアップIP接続サービスが1994年に誕生し、96年〜05年までに爆発的にこの世界が広がりました。

この過渡期における成長具合は、このページで紹介するには文字数が多くなりすぎますし、
かなり難しいことが登場することになるので割愛です。

いまはタブレットで3歳児もシュッシュする時代です。



技術の発達は恐ろしいものですが、
その影にエンジニアさんの努力があったのは忘れてはいけません。

彼らの想像力と技術力があってこそ、いまのインターネットの世界があるのです。


そうした彼らの努力に負けないように、WEBディレクターである私も、
これまでになかった新しい体験ができるWEBサイトのアイデアを生み出していきたいな。
と考えておる今夏です。プールで頭冷やしながら…。

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社
gaデザイン

プレゼンの「つかみ」について。

暑い!

WEBディレクターの渡邉です。

熱中症という危険な症状が発症しないように常に日陰に頼っています。

本当に今年の夏はヤバい!!

皆々様も十分にお気を付けくださいませ。

 

 

さて、今回はプレゼンテーションでよく言う「つかみ」について書かせて頂こうと思います。

講演や説明会の最初の聴衆の関心を高めるために話す事柄、いわゆる「つかみ」と言う言葉、皆様もよく耳にすると思いますが、

 

そもそも「つかみ」って必要なんでしょうか?

「はい、必要です。」

「プレゼンがうまくいくかどうかは初めの30秒で決まる」そうです。

 

「つかみ」とは、、、

 

”相手の気持ちを引き付ける事。また、その事柄。お笑い芸人が観客を引き付けるために最初に放つ独創のギャグ”

 

だそうです。

 

ギャグは放てませんが、ギャグに代わる何かを放てば、もしかしたら聞き手の気持ちをキャッチ出来るかもしれない。

放ってキャッチしたいわけです。

しかしプレゼンの「つかみ」に失敗して、プレゼン自体が上手くいかなかったなんてことになったら元も子もないんです。

 

ハイリスクハイリターンなんです。

 

グーグルで「つかみ」について猛烈に調べ、私なりの「つかみ」を見出そうと、「いつかうまれるだろう」と、

自分に言い聞かせ鼓舞しますが、そうなかなか気の利いた「つかみ」なんて思いつきもしません。



 

悩みに悩んだ挙句、私の思考はよからぬ方向へ進んで参ります。

気づけば私のなかの「つかみ」の定義が変わってしまっていたのです。

 

「そうなのか!ハイリスクな事をすればハイリターンになるのか!」に。

 

私がたどり着いてしまったのは、ハイリスクでハイリターンなハイの世界でした。

そして遂に「つかみ」に対する思考がハイのまま、プレゼン当日を迎えることとなります。

 

プレゼンが始まる直前もプレゼンが始まってからも、私の頭の中はまだまだ「つかみ」のことでいっぱいです。

最初の大切な30秒も優に過ぎ、追い詰められた私はいよいよハイリスクな行動に出ます。

ハイの世界の住人は今を生きる事を大切にしています。

 

目の前には6人の審査員、そのなかに一人目を閉じ、いかにも退屈そうに眠りこけている審査員がいました。

今の私はハイの世界の住人ですからもちろん、縛りはありません。

 

、、、、「起きろ」

 

、、「起きなさい!」

 

「起きるのです!!」

 

そう心が叫んでいたんです。

 

 

 

気が付けば私はその審査員に向けて、大声で今回のプレゼンのキャッチコピーを叫んでいました。



 

 

 

 

結局のところ私がやってしまった「つかみ」とは「急に大きな声でキャッチコピーを言う」でした。

「つかみ」が私をハイにしたんです。私悪くないんです。

まったく「つかみ」とは関係ないものをやってしまった私ですが、プレゼンの結果が本当に楽しみです。

 

 

 

 

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社

gaデザイン