色の持つ意味

はじめまして。webデザイナーの田中と申します。

はじめてのブログ担当ということもあり、
なにかブログのネタにできることをおもしろいことを探そうと意気込んでいた週末に、
風邪をひいてしまいました…!いつもタイミングが悪い私です…!

せっかくいただいた3連休。
もったいないと思いましたが、これこそが贅沢な休日の使い方だと言い聞かせ寝ておりました!



そんな中、そういえば風邪薬って白色が多くない?と、
普段なら気に留めないことを考えて、理由を想像してみました。

  • ・素材が白いから(素材が何かは知りませんが)
  • ・白のもつまっさらで清潔感や信頼感のあるイメージから
  • ・「薬=白」という既成概念から

そして理由を調べてみたところ、
医薬品には理由なく色を付けるのは禁止されているようです!

なので、色がついているものの多くは

  • ・もともとの薬品の色
  • ・処方間違い、飲み間違いの注意喚起のため

で色がついているとか…
そんなルールがあるのは知りませんでしたが、確かに!と納得でした!

例えば、
体調が悪いときに買った風邪薬が開けてみると黒かったとき。
これは本当に飲んで大丈夫なのかな?と思う方もいるのではないでしょうか。

黒には高級感や強いイメージがあると言われる一方で、
体調が悪い時や体に入れるものと考えると、
黒の持つ重さや暗さが不安にさせてしまうこともあると思います。

しかし、それが病院で処方された薬だった時、
私なら一瞬ためらっても、これはよく効く強い薬なんだろうと思うかもしれません。



こんなふうに意識せずとも日常生活の中で、誰もが感じる色のイメージは、
「時と場合と場所(TPO)」によって変わったりしますよね。




ホームページの制作についても同様に、
色というのは常に意味を持っているものだと思います。

そして、それを意識させない、TPOに合った
意味のある色使いができるよう目指していきたいです。

たまには身の回りの色について考えてみると
新しい発見があるかもしれません!


季節の変わり目ですので、皆様も体調を崩さないようにお気をつけください!


「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン