どうして「調べる」のか

こんにちは、webデザイナーの田中です。

令和に変わって2週間。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は気持ちを新たに頑張っていこうと足掻く日々です。

新たにしすぎて初心を忘れないように今思うことを書いておこうと思います。


まずは自分で調べてみる

早速ですが、なにか新しいことをはじめようとするとき、あなたならまず何をしますか?

もちろんその新しいことがなにかにもよるかと思いますが、
私はやっぱり「調べる」ことかなと思います。
新しい案件に携わるとき、旅行へ行くとき、気になる音楽を見つけたとき…
今はとりあえず検索してみると情報がたくさん出てきますよね!

自分の知識のないことについての情報を取捨選択するのは難しいですが、
答えに近づくためにはやっぱり自分の目で数を見て考えるのが大事だと思います。

私個人的には、人に聞いて理解した1つのことより、自分で調べて見つけた1つの方が、
少し時間がかかっても身になっていると感じることが多いです。

また、調べることが簡単になった時代に合わせてなのか、
調べないと知らないということが増えているとも感じます。

知識としてわからないことを調べていると、求めている情報ではなくとも、
こんなこともできるの!?なんて、自分の知らない知識を得られることや、
もっと早く知りたかったと思うことが多々あり、
なにか不便だなあと思ったことを調べるのも怠ってはいけないなあと思います。

当たり前にしているけど、後回しにしてしまうこともある
「調べる」ということについて書かせていただきました。


まったく主旨は変わりますが、ちょうど先日、別に困ってはないけどあったら便利だなあ。
と思うことを調べて見つけたアプリをご紹介します。

その名も「iTunes Remote」
名前の通り、Wi-FiでホームシェアリングされているPCのiTunesをiPhoneでリモート操作ができるアプリです。
iPhoneやiTunesをお使いの方ならご存知でしょうか。

私は普段iPhoneで音楽を聞いているので、
たまにMacのiTunesを使って音楽を流すと、曲を変えるのについiPhoneで操作しようとしてしまって、
「あ、パソコンの方だった。」となることがあり、

これは絶対私だけじゃなくてあるあるのはず!!!と思って調べたところ、
その間違いを間違いではなくしてくれるAppleさんのアプリがありました!さすがです!

検索の森に迷い込んだときは、音楽を聞いてリフレッシュしましょう!
そして、私もかゆいところに手が届くアプリのような気の利いたデザイナーになれるよう精進していきたいと思います。

「届けたい人に確実に届ける」ホームページからCM制作までワンストップで作れる会社 gaデザイン